ホーム > 体育協会について

体育協会について

 大牟田市体育協会は第3回国民体育大会(福岡県開催)の競技誘致運動が契機となり、1947(昭和22)年11月1日に設立され、初代会長には当時の田中忠蔵大牟田市長が就任し、事務局は市教育課(現教育委員会)に置かれた。部門は、陸上競技部、野球部(軟・硬)、庭球部(軟・硬)、卓球部、排球部、籠球部、水泳部、ラグビー部、相撲部、柔道部、拳闘部、レスリング部の12部で発足しました。

 平成23年現在では加盟団体は29となっております。


 体育協会は、広く市民にスポーツを普及振興するとともに、スポーツの生活化を推進し、併せて有能なスポーツマンの育成と競技力の飛躍的な向上を目指して諸事業の実施を事業方針としております。


(目標)
1 加盟団体と連携し、競技力向上及び青少年スポーツの普及振興に努める。
2 スポーツ少年団の育成強化と健全育成に努める。
3 市民の健康・体力増進とスポーツの生活化を図り、スポーツ人口の拡大に努める。

 大牟田市体育協会は、平成19年4月1日に指定管理者として、大牟田市民体育館、大牟田市延命球場、大牟田市御大典記念グラウンド、大牟田市武道場、大牟田市笹林庭球場の施設管理等の業務を開始しました。

  また、平成19年5月16日に特定非営利活動法人大牟田市体育協会を設立し、同年7月1日より指定管理業務を特定非営利法人大牟田市体育協会(NPO法人大牟田市体育協会)にて行っております。

  現在では大牟田市民体育館、大牟田市第二市民体育館、大牟田市延命球場、大牟田市御大典記念グラウンド、大牟田市武道場、大牟田市笹林庭球コート等の施設管理とスポーツ教室、市民大会、研修会等の行事の企画運営等も行っております。



指定管理者 NPO法人大牟田市体育協会

〒836-0861 大牟田市宝坂町2-86(大牟田市民体育館内)

TEL0944-53-6003 FAX0944-59-0186